劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち

劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち

2D
G:どなたでもご覧になれます
©鈴木央/講談社 ©鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

アニメやゲームなどのメディア展開を広げる大人気コミック『七つの大罪』。いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった古の時代を舞台に、七人の罪人たちにより結成された史上最凶最悪の騎士団〈七つの大罪〉が、世界の危機に立ち向かっていく姿を描くヒロイックファンタジー。今回の劇場版は、原作者・鈴木央が描き下ろした、TVアニメから続く“最終章のその先”を描いた完全新作オリジナルストーリーで、完結を迎えたはずの彼らの物語が、まだ誰も見たことのない壮大なスケールで、スクリーンに甦る!!

〈憤怒の罪〉メリオダス率いる史上最凶最悪の逆賊〈七つの大罪〉の活躍により、人間、女神族、妖精族、巨人族ら四種族が魔神族と争った『聖戦』は終結。〈傲慢の罪〉エスカノールの命が尽きるも、魔神王を討ち果たし、世界は平和を取り戻した。その後、新たな王国の創造を目指す王、アーサーと行動を共にする〈暴食の罪〉マーリンをはじめ、大罪人たちはそれぞれの道を歩んでいた――。

メリオダスは王女、エリザベスと思い出の地を巡る旅をしていた。その道中、弟、ゼルドリスと偶然の再会を果たす。一方、〈怠惰の罪〉キングと〈嫉妬の罪〉ディアンヌの結婚式が執り行われようとしていた。祝福に包まれる式場には、〈強欲の罪〉バンと〈色欲の罪〉ゴウセルの姿も。ドレスに身を包んだディアンヌの登場で華やぐ森に、地鳴りのような不気味な音が響き始めた。

“『聖戦』を台無しにした〈七つの大罪〉とそれに与した者共を罰する”

平穏が訪れたはずの地に突如、妖精族と巨人族の軍勢が押し寄せる。敵陣の先頭に立つのは、かつて姿を消した“二代目妖精王”ダリアと“巨人の名工”ダブズ。異様な目つきの侵略者たちの目的は一体…?

世の混沌を望む者により崩されていく日常。全種族を脅かす恐るべき陰謀が交錯する。光と闇の戦いの果てに待ち受ける未来は?!呪われた世界は真の平和を手にすることができるのか。壊れゆく世界の運命は、再び集結した〈七つの大罪〉に託された――。

公開劇場:東京/池袋、茨城/土浦、静岡/沼津(ららぽーと)、奈良/大和郡山、愛媛/松山、愛媛/伊予、鹿児島/姶良

監督
浜名孝行
出演
梶 裕貴 雨宮 天 久野美咲 悠木 碧 鈴木達央 福山 潤 高木裕平 坂本真綾 杉田智和

劇場SNSアカウント
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら