IMAX
2019/11/29

【12/6・7・8】カニエ・ウェストのIMAX映画『ジーザス・イズ・キング』グランドシネマサンシャインにて限定公開決定!

ヒップホップシーンを牽引するカニエ・ウェストが今夏に「ローデン・クレーター」で行ったゴスペルイベント「サンデーサービス」(⽇曜礼拝)のパフォーマンスを収録したドキュメンタリー映画『ジーザス・イズ・キング』。

アメリカではカニエ・ウェストの最新アルバム『ジーザス・イズ・キング』のリリースに合わせて北米の350館以上のIMAXシアターと他国125館以上のIMAXシアターでプレミア公開され大ヒットしました。


そしてこの大ヒットをうけ、池袋のグランドシネマサンシャインにて3日間限定公開されることが決まりました!

またこの上映を記念して6日(金)にはジェーン・スーさんと渡辺志保さんによるトークイベントも開催決定!

イベントの詳細はこちらから


■上映詳細■

○タイトル:『ジーザス・イズ・キング』

○上映劇場:グランドシネマサンシャイン(池袋)IMAXシアター

○上映期間:2019年12月6日(金)~12月8日(日)の3日間

○上映時間:連日19:40~ (本編時間:31分38秒)

○鑑賞料金:特別鑑賞料金 1,500円/プレミアムクラス 3,000円/グランドクラス 4,500円

○入場者プレゼント:IMAX限定絵柄の『ジーザス・イズ・キング』ポスターを先着150名にプレゼントいたします。


作品詳細▼

本作は、アリゾナ州北部の都市・フラッグスタッフのペインテッド砂漠にある、アーティストのジェームズ・タレルによる⼤規模アート・インスタレーション「ローデン・クレーター」で⾏なわれたカニエの⼈気ゴスペルイベント「サンデーサービス」(⽇曜礼拝)のパフォーマンスを、今夏に収録したもの。本作が「ローデン・クレーター」の内部を映した世界初公開の映像となり、⾳楽ファンだけではなく、アート業界からも⾼い関⼼が集まっている。またカニエ⾃⾝が所有するワイオミング州のコーディにある牧場でも撮影された。

「ローデン・クレーター」は、死⽕⼭の噴⽕⼝とその周囲を、天⽂台につくり変える壮⼤なプロジェクトで、1972 年から天⽂学者や建築家らとともに制作を開始。半世紀近く経った今でも未だ完成しておらず、ジェームズ・タレルのライフワーク・プロジェクトとなっている。

これまでもアートや建築に深い造詣を持つことで知られているカニエだが、昨年12 ⽉に「ローデン・クレーター」を訪れたり、今年1 ⽉には「ローデン・クレーター」プロジェクトへ1000 万ドル(約10 億8600 万円)もの巨額の寄付を⾏なったことが明らかになっており、ファンのみならず、その動向に世界中が注⽬していた。

本作では、アルバム『ジーザス・イズ・キング』の収録曲は勿論、カニエによってアレンジされた伝統的なゴスペル13 曲をサンデーサービス聖歌隊が演奏しており、IMAX 限定で公開される本作は、IMAX®の臨場感溢れるサウンドと鮮明な映像により、唯⼀無⼆な体験をすることができる。

監督は、以前からカニエのミュージックビデオを⼿掛けてきた、世界的に有名なイギリス⼈フォトグラファーのニック・ナイト。


『ジーザス・イズ・キング』
製作︓カニエ・ウェスト
監督︓ニック・ナイト
出演︓カニエ・ウェスト、サンデーサービス聖歌隊(The Sunday Service Choir)
製作総指揮︓ダミエン・スミス
IMAX 製作︓ジョナサン・ジョセル
主題歌・挿⼊歌︓ “SELAH” (IMAX VERSION) 、“SAY YOU WILL”、他11 曲
配給︓IMAX
2019|31 分38 秒|カラー|英語|アメリカ|G|原題・英題︓Jesus is King
本国版公式サイト ※⽇本版公式ウェブサイトはございません。
© 2019 IMAX Corporation and West Brands, LLC. All Rights Reserved. Roden Crater © James Turrell





この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら