ニュース
2022/6/21

【映画新着情報】全国各地で大ヒットスタート!『PLAN 75』倍賞千恵子からのコメント映像到着!

第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門正式出品され、カメラドール特別表彰を授与された映画『PLAN 75』。

脚本・監督は、本作が長編初監督作品ながら、2022年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門への正式出品、カメラドール特別表彰授与という快挙を成し遂げた早川千絵。主人公・角谷(かくたに)ミチを演じるのは倍賞千恵子。<プラン75>に携わる側には磯村勇斗、河合優実を配し、他にたかお鷹やステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美らが顔を揃えた。超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作。

SNS上には、「震えるほど感動」、「頭から離れない」、「“生きる”という命題を観る者に突きつける大傑作」など絶賛の声が相次いでいる。また、物語の設定である、“75歳以上に生死の選択権を与える<プラン75>の制度”に対して、「PLAN50や60が有れば早めに選びたい 迷惑かけて生きるのは嫌」、「制度として施行されたなら、使うかもしれない。使うことに対して肯定的で、抵抗はない」という肯定的な意見と、「本当にあったら選択肢ではなく “暗黙の圧力”」「自分は申し込みたいなと思う側だったけど、映画を観てそんな制度は絶対に否定しなきゃいけないと思った」など否定的な意見が割れており、様々な議論が巻き起こっている。


そのほかに、「ミチの姿を観るたびに母を思い出して涙があふれた」と倍賞演じる主人公ミチへの感想や「ヒロムが職務と良心の間で揺れる姿にグッとくる」、「心が揺れる瑶子の最後の顔が強烈に印象に残った」など、制度を推進する側のヒロム(磯村勇斗)や瑶子(河合優実)ら若者たちが葛藤する姿も共感を呼んでいる。

また、主演を務めた倍賞千恵子のコメント映像も解禁された。倍賞は、「皆さんもこの映画を観て、自分の生き方とか、命の大切さとか、愛とか、そういうことを一緒に観ながら考えて頂けるといいなと思います。お友達と一緒に、愛する人と一緒に、是非この映画を観てください。劇場にいらしてください」と、優しい顔でコメント。「人が生きることを全肯定する。そんな映画にしたい」と語った早川監督の想いに応えるように、観客へ命や生き方について考えて欲しいと語り掛ける。

『PLAN 75』倍賞千恵子コメント映像

公開中

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/ユーカリが丘/沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/北島/姶良

©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら