ニュース
2022/5/10

【映画新着情報】宮野真守・梶裕貴・畠中祐・千本木彩花、超豪華声優陣による夢のリレーが実現!!『バブル』にんぎょ姫リレー朗読特別映像が解禁!

「SPY×FAMILY」のWIT STUDIOが制作を担い、透明感あふれる至極の美麗映像と、本スタジオの真骨頂ともいうべき縦横無尽なカメラワークで描破する怒涛のハイスピードバトルが炸裂する、超大型オリジナルアニメ『バブル』。映画の公開を記念して、童話「にんぎょ姫」を本作の声優を務める豪華声優陣で読みつなぐ、「にんぎょ姫」リレー特別動画が解禁となった!

今回、解禁となったのは、童話「にんぎょ姫」の物語を本作の声優を務めた宮野真守・梶裕貴・畠中祐・千本木彩花ら超豪華声優陣で読みつなぐ、人魚姫リレー朗読特別映像。映画「バブル」と大きな関わりを持つ「にんぎょ姫」の物語を豪華声優陣がそれぞれの想いで読みつなぐ貴重な映像となっている!本作は荒木監督が書いた<腐敗した東京を背景に、近未来的な雰囲気を感じさせる1人の人魚姫>という1枚のスケッチがアイデアの元になっており、その画から着想を得て、本作の脚本を手掛ける虚淵玄と共に、〈少女が恋をした末に泡になる〉という「にんぎょ姫」の物語にオリジナリティを加え、〈ある少年に泡が恋して少女になる〉という本作の軸を構築し、「にんぎょ姫」で描かれる〈王子様〉と〈にんぎょ姫〉にあたる、〈ヒビキ〉と〈ウタ〉のラブストーリーを描く映画『バブル』の世界が作られた。また、本作の物語の元になった「にんぎょ姫」は、一般的に悲恋の物語の印象が強いが、脚本チームに虚淵と共に携わった佐藤直子は、「『バブル』では、にんぎょ姫の魂の在り方や、センス・オブ・ワンダーな要素をヒロインのウタに重ね描いています。異種族のにんぎょ姫の決断は、人間である私たちに愛の本質を教えてくれます。承認も見返りも求めず想いを全うする純潔さ――そこがこの物語が普遍的に愛される魅力だと思います」と、本作では、非愛の物語としてではなく、にんぎょ姫で描かれる“愛の本質”をテーマに本作のストーリーを紡いでいったと明かしている。

映画『バブル』にんぎょ姫リレー朗読(宮野真守、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花)

5月13日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/ユーカリが丘/土浦/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2022「バブル」製作委員会

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら