ニュース
2021/6/16

【映画新着情報】韓国“青春スター”がついにスクリーン初主演!『SEOBOK/ソボク』クローン役で新境地を開拓、パク・ボゴムのコメントと場面写真到着!

永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント『SEOBOK/ソボク』より、本作で人類初のクローン・ソボクを演じたパク・ボゴムのコメントと場面写真が解禁、さらに、共演したコン・ユと、イ・ヨンジュ監督からのボゴムに対する絶賛コメントも到着した。

余命宣告を受けた元情報局エージェント・ギホン(コン・ユ)。死を目前にし明日の生を渇望する彼に、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボク(パク・ボゴム)を護衛する任務が与えられる。だが、任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2人だけになってしまう。危機的な状況の中、2人は衝突を繰り返すも、徐々に心を通わせていく。しかし、人類の救いにも、災いにもなり得るソボクを手に入れようと、闇の組織の追跡は更に激しくなっていく…。


ドラマ「恋のスケッチ~応答せよ1988」の天才囲碁棋士チェ・テク役でスターダムにのし上がった後、「雲が描いた月明り」の王子イ・ヨン役などで、韓国のみならずアジア全土を魅了してきた青春スターパク・ボゴム。『コインロッカーの女』以来5年ぶりのスクリーン復帰作であり初主演となる本作で、人類初のクローンという難しい役に挑戦した。「今までなかったキャラクターだ。映画の中でソボクが選択すべき瞬間、僕ならどうするかずっと悩み研究しながら演じた。」と語り、難しい役柄に挑戦したパク・ボゴムの演技への情熱を推察させる。生まれて初めて外の世界と出会ったソボクの天真爛漫な表情から、自身を狙う勢力に向ける鋭い目つきに⾄るまで、刻々と変わる感情を動物的な感覚で表現した。


今回初共演となったコン・ユは、ボゴムについて「最高だった。だってパク・ボゴムですよ」と大絶賛。「芝居に迫力があって、スタッフたちも感嘆していた。ソボクはボゴム以外考えらえれない。」と、韓国映画界のトップスターも太鼓判を押す。

さらにイ・ヨンジュ監督はボゴムの起用について「ソボクのイメージや年齢等さまざまな面で最もふさわしく、他に代案のない俳優だった」とコメント。撮影については、「動物的な俳優で、瞬間的な集中力とエネルギーに撮影中も驚くことが多かった。今まで見たことない新しいパク・ボゴムの姿をお見せできる」と語った。純粋な子供のような姿から冷姿を観客に披露する。


7月16日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/ユーカリが丘/沼津/かほく/重信/エミフルMASAKI/北島/下関/姶良

Ⓒ2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら