< PR >

バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版

バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版

2D
G:どなたでもご覧になれます
UDCast:音声ガイド対応
UDCast:字幕ガイド対応
©2022映画「バスカヴィル家の犬」製作委員会

世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン・フジオカ演じる誉獅子雄と、岩田剛典演じる若宮潤一が、唯一無二の名探偵バディとして数々の難事件を解決する、フジテレビ系月9ドラマ枠放送の『シャーロック』が映画化。シリーズ最高傑作と言われる『バスカヴィル家の犬』をモチーフに、華麗なる一族の闇に二人が迫ります。ドラマシリーズの雰囲気はそのままに、映画ならではの重厚感と中毒性をもたらすのはヒューマンドラマの名手・西谷弘監督。日本映画の歴史に背筋震わす新たな本格心理スリラー映画が誕生!

瀬戸内海の離島。日本有数の資産家・蓮壁千鶴男(西村まさ彦)が、莫大な遺産を遺して謎の変死を遂げる。蓮壁千鶴男は死の直前、美しき娘・紅(新木優子)の誘拐未遂事件の犯人捜索を若宮に依頼していた。真相を探るため、ある閉ざされた島に降り立つ獅子雄と若宮。二人を待ち受けていたのは、異様な佇まいの洋館と、犬の遠吠え。容疑者は、千鶴男の妻・依羅(稲森いずみ)、長男・千里(村上虹郎)、蓮壁家の使用人(椎名桔平)ら奇妙で華麗な一族の面々と、紅に想いを寄せて蓮壁家に出入りをする大学准教授(小泉孝太郎)、リフォーム業者(広末涼子)などうそを重ねる怪しき関係者たち。やがて島に伝わる呪いが囁かれると、新たな事件が連鎖し、一人、また一人消えてゆく。底なし沼のような罠におちいる若宮。謎解きを後悔する獅子雄。これは開けてはいけない“パンドラの箱”だったのか?その屋敷に、足を踏み入れてはいけない――。終わらない謎へ、ようこそ。

公開劇場:東京/平和島、千葉/ユーカリが丘、茨城/土浦、静岡/沼津(ららぽーと)、石川/かほく、奈良/大和郡山、山口/下関、愛媛/松山、愛媛/東温、愛媛/伊予、徳島/北島、鹿児島/姶良

監督
西谷弘
出演
ディーン・フジオカ、岩田剛典 新木優子、広末涼子、村上虹郎、渋川清彦、西村まさ彦 山田真歩/佐々木蔵之介・小泉孝太郎・稲森いずみ 椎名桔平

特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら