< PR >

大河への道

大河への道

2D
G:どなたでもご覧になれます
UDCast:音声ガイド対応
UDCast:字幕ガイド対応
グランドシネマ
サンシャイン
池袋
ユーカリが丘
土浦
沼津
ららぽーと沼津
重信
エミフルMASAKI
北島
©2022「大河への道」フィルムパートナーズ

初の日本地図に隠された、驚くべき秘密とは―?
豪華キャストの⼀⼈⼆役で贈る、笑いと感動の〈歴史発⾒〉エンタテインメント誕⽣!

世界を驚かせた「初の日本地図」完成から200年。その裏に隠され続けた秘密が、遂に明かされる―。「地球の大きさを知りたいのです」そんなロマンを抱いて55歳から地図作りを始めた伊能忠敬。根気と執念で日本全国を測量すること17年。歩いた距離は地球一周分。そして1821年、遂に日本初の実測地図「大日本沿海輿地全図」(伊能図)は完成した……というのが歴史の授業で習うこと。しかし、200年の時を経て、そんな日本史の常識をひっくり返すかもしれない映画が誕生した!

現代→1821 年〈初の⽇本地図完成〉→1818 年〈伊能忠敬亡くなる〉!?
千葉県⾹取市役所では、観光促進として地元を盛り上げるために、“⼤河ドラマ”の開発プロジェクトが⽴ち上がる。主⼈公は伊能忠敬!そう、あの初めて⽇本地図を作ったことで有名な、郷⼟の偉⼈である。しかし、その脚本作りの最中に、ある驚くべき事実を発⾒してしまう。なんと伊能忠敬は、地図完成の3年前に亡くなっていたのだ!
「伊能忠敬はドラマにならない。地図を完成させてないんだ!」「え、じゃあ、誰が?」
舞台は江⼾の下町へー。弟⼦たちに⾒守られ、伊能忠敬は⽇本地図の完成を⾒ることなく亡くなった。動かぬ師を囲んですすり泣く声が響く中、ある⼈物が意を決し発⾔する。
「では、今しばらく先⽣には、⽣きていていただきましょうか・・・」
忠敬の志を継いで地図を完成させるために、弟⼦たちによる⼀世⼀代の隠密作戦が動き出す。そこには、歴史に埋もれた、涙なしには語れない感動のドラマがあった−。

公開劇場:東京/平和島、石川/かほく、奈良/大和郡山、山口/下関、愛媛/松山、鹿児島/姶良

監督
中西健二
出演
中井貴一 松山ケンイチ 北川景子

※平和島、大和郡山、衣山、姶良は、土日休映/ ※下関は、金土日は休映

特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら