アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン

アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン

2D
G:どなたでもご覧になれます
グランドシネマ
サンシャイン
池袋
平和島
ユーカリが丘
土浦
沼津
ららぽーと沼津
かほく
大和郡山
下関
衣山
エミフルMASAKI
北島
姶良

昨年 8 月に逝去した“クイーン・オブ・ソウル”アレサ・フランクリンの 1972 年幻のライヴ映像。
名匠シドニー・ポラック監督により撮影され、ワーナーから公開される予定だったが、
トラブルで未公開となっていた本作が、47 年越しに奇跡の劇場公開!

1972 年 1 月 13 日、14 日にロスアンジェルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト・チャーチで録音されたアリーサ・フランクリンの名盤『アメージング・グレイス』の制作を記録した幻の映像を 47 年を経て劇場公開。これは 2008 年に死去した故シドニー・ポラック(監督・アカデミー賞受賞映像作家)が 1972 年に制作を試みていたドキュメンタリー映像である。本作は 16 ミリフィルムで 4 人のクリューによりワーナー・ブラザース主導で撮影された。しかし、技術的な問題(映像と音源の同期)がうまくいかなったため公開を一時断念しお蔵入りに。その後、プロデューサーたちがシンクロを成功させ、映画祭での公開を目指していたが、アレサ本人が拒否し停滞していたところ、2018 年 8 月 16 日、アレサ本人が死去。一転して財産管理人は、公開に踏み切り、全米で大ヒットを記録した注目の話題作。オスカー確実と言われるアレサの自伝『RESPECT』の公開に合わせて、日本でも遂に解禁!

公開劇場:愛媛/東温

監督
アラン・エリオット(『プリズン・フリーク』)、シドニー・ポラック(『愛と哀しみの果て』)
出演
アレサ・フランクリン

特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら