< PR >

ニュース
2021/6/23

【映画新着情報】“隣にいるべきはドラケンじゃない。俺だ。/今日からお前ら、、奴隷な”『東京リベンジャーズ』キャラクターPV第5弾到着!

今最も男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス「東京卍リベンジャーズ」。その実写映画である『東京リベンジャーズ』より、劇中に登場するキャラクター達の関係性を描いたPV第5弾、“東京卍會”を狂わせる引き金となるキサキ(間宮祥太朗)とタケミチ(北村匠海)の天敵キヨマサ(鈴木伸之)、不気味かつ謎の存在ハンマ(清水尋也)の映像が解禁となった!

フリーターとしてどん底の生活を送っていたタケミチは、人生唯一の彼女だったヒナタ(今田美桜)が事故に巻き込まれて死亡したことをきっかけに、弱小不良だった高校時代にタイムリープ。彼女が死ぬ未来を変えるために奮闘することになる。

10年前に戻ったタケミチはかつての仲間たちと再会を果たし、感傷に浸るのもつかの間、他校へ喧嘩をしに行くことに。そこに現れたのは狂犬ヤンキーと呼ばれ、“東京卍會”(トーマン)にも所属しているキヨマサ(鈴木伸之)だった。タケミチは10年前にも同じ場所でボコボコにされ、それ以降負け犬フリーターへと転落していったことを思い出す。「今日からお前ら、、奴隷な」と血だらけでひれ伏すタケミチ達に言い放つキヨマサはまさに邪悪そのもの。果たしてこの先一矢報いる機会はあるのか…?

『東京リベンジャーズ』キャラクターPV(キサキ×キヨマサ×ハンマver.)

そしてキサキとハンマはトーマンの対抗組織“愛美愛主”(メビウス)のメンバー。キサキは現代ではトーマンに所属、警察からも最重要人物としてマークされている。映像では不敵な笑みを浮かべてキヨマサに近づく姿や、「隣にいるべきはドラケンじゃない。俺だ。」とマイキーへの異常な執着が垣間見える。どのようにトーマンへ入り、マイキーへと近づいたのか。謎は深まるばかりだ。さらに謎の存在となっているのが、ハンマ。左手に「罪」、右手に「罰」の入れ墨が入っており、常に騒動や抗争の外で不気味に傍観している。キサキからの「種はまいた・・・」という不穏な発言にも、まるですべてが自分の手の内にあると言わんばかりの表情を浮かべている。


全てを狂わせるキサキ、タケミチの天敵キヨマサ、静かに企むハンマ。立ちはだかる彼らを前に、タケミチは歪められた運命を変えることは出来るのか!?ストーリーを盛り上げる敵キャラ達にも是非注目してほしい。

また、現代のキサキと10年前のキヨマサ、ハンマの新規場面写真も併せて解禁。怪しさに拍車のかかった現代のキサキはタケミチに何を仕掛けてくるのか…?



7月9日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/土浦/ららぽーと沼津/大和郡山/下関/衣山/エミフルMASAKI/北島/姶良

©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら