今月のオススメ映画はコレ!!

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

12/15(金)公開


4DXでミレニアム
ファルコン号に
乗れちゃうのね!!

新しいキャラクターに
会えるのも楽しみね

  • シネマサンシャイン平和島
  • シネマサンシャイン沼津
  • シネマサンシャインエミフルMASAKI
  • シネマサンシャイン大和郡山
  • シネマサンシャイン姶良
  • シネマサンシャイン北島

今後のラインナップ

ブレードランナー 2049

2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。 人間と見分けのつかない<レプリカント(人造人間)>が労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。危険な<レプリカント>を取り締まる捜査官は<ブレードランナー>と呼ばれ、2つの世界の均衡と秩序を守っていた―― LA市警の<ブレードランナー>“K”は、ある事件の捜査中に、<レプリカント>開発に力を注ぐウォレス社の【巨大な陰謀】を知ると共に、その闇を暴く鍵となる男にたどり着く。彼は、かつて優秀な<ブレードランナー>として活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていた男、デッカードだった。いったい彼は何を知ってしまったのか? デッカードが命をかけて守り続けてきた<秘密>ー 人間と<レプリカント>、2つの世界の秩序を崩壊させ、人類存亡に関わる<真実>が今、明かされようとしている。

上映中

ブレードランナー 2049

©2017 CTMG, Alcon and WBEI. All Rights Reserved.

マイティ・ソー バトルロイヤル

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。 復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。 果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか? 死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。

上映中

マイティ・ソー バトルロイヤル

©Marvel Studios 2017

ジャスティス・リーグ

正義の象徴だったスーパーマン亡き後の世界。各地で犯罪が急増しているばかりか、その隙を狙い、宇宙から来たステッペンウルフが侵略の魔の手を伸ばそうとしていた。目的は、3つそろえれば強大な力を手にすることができる“マザーボックス”。女戦士アマゾン族の島、海の王国アトランティス、人間社会の3ヵ所に封印されている。バットマンこと、実業家ブルース・ウェインは、一人では勝てない敵の襲来に備え、ワンダーウーマンとともに、オンリーワンな特殊能力を持つ超人たちをスカウト。かくして、ザ・フラッシュ、アクアマン、サイボーグの3人が参戦し、“ジャスティス・リーグ”が結成される。だが、彼らは今まで人間社会からその存在をひた隠し、孤独に生きてきた一匹狼たち。個性も我も強く、チームワークがとれているとはお世辞にも言い難い。果たして、彼らは力を合わせ、最悪の敵に勝つことができるのか?そして物語は、想像もつかないラストへ――。

上映中

ジャスティス・リーグ

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

鋼の錬金術師

「これだ!この理論なら完璧だよ! 母さんを生き返らせることができる!」幼くして錬金術の天才的な才能を見せるエドは、弟アルと、ついに"人体錬成"の理論にたどり着く。だがそれは、錬金術師にとって絶対に犯してはならない禁忌だった……。母さんにもう一度会いたくて、その笑顔が見たくて…、迷わず前に進んだ幼い兄弟の運命はしかし非情なものだった。二人の錬成は失敗し、エドは左脚を、アルは身体全部を対価として"持っていかれて"しまう。「返せよ、足だろうが、両腕だろうが、心臓だろうが、くれてやる。だから返せよ!たった1人の弟なんだよ!」瀕死のエドはとっさに無謀な再錬成に挑み、右腕と引き替えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させる。あまりに多くを失ったエドだが、決して諦めはしなかった。全てを取り戻すため、鋼鉄の義肢をつけた身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと旅を続けるエドをやがて人はこう呼ぶのだった。鋼の錬金術師、と──。

12月1日(金)

ジャスティス・リーグ

©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

『フォースの覚醒』のラストシーンで、万感の思いを込めてルークにライトセーバーを差し出すレイ。彼女をじっと見つめるルーク。そこに言葉はない。観る者の胸を感動で満たし、同時に様々な想像をかき立てずにはいられなかった、このラストシーン。――そして物語は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』へと受け継がれる。
伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーとめぐり逢ったレイが知ることになる驚くべき真実とは? なぜカイロ・レンはダース・ベイダーを受け継ごうとするのか? さらには、レジタンスを率いるカイロ・レンの母親レイアと、ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションとは? そして、タイトルの“最後のジェダイ”が意味するものとは?――知られざる秘密が明かされるとき、さらなる謎が生まれる。

12月15日(金)

ジャスティス・リーグ

©2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

CINEMA SUNSHINE 4DX 座席が動く、風が吹く、香りがする、水が飛び散る!